2018年09月18日

小児科絵遊び スタンプ遊びとハンバーガー塗り絵

2ヶ月ぶりの絵遊びは初めて会うお子さんたち。

とっても元気な絵は小学5年生の女の子2日後に退院と聞いた 
お母さんのキリンのイラストも残された。
絵を描くと人は素の自然な顔になる。いい顔をされていた。

お父さんと一緒の女の子は、
塗り絵より自由な虹を描き出した。なんて素晴らしい生き生きとした形と色
ほんとはこうであってほしいと自由にマーカーを動かす手に感動した。

DSC_1324.JPG
一人で参加した女の子は機械をつけての参加。
後から来られたお母さんと一緒に、最後までいてくれてた。描くことが本当に好きなんだろうな
少しでも気晴らしになっただろうか。
DSC_1319.JPG

お母さんたちにも描いてもらったら良かったとなぁと反省。

スタンプ遊びもなんとかできたかな?
作ることで精一杯状態だった。
DSC_1323.JPG
最後は机の画用紙に落書きで終了した。
DSC_1327.JPG


こんどカード作りでも行うことがことがあればこのスタンプを使ってみよう。

夕刻、千晶の元を訪れスジンが迎えに来てくれて帰京、この連休は動き回る孫とおままごとアンパンマン似顔絵に付き合い
近くの保育園のアンパンマン仲間に会いにいっしょに出かけること数回
仕事以上にハードな時間を過ごした。疲れた。
ばぁば〜〜〜あ じぃじ〜〜〜いとお呼びの声が頭に残っている。

走っている姿、泣いている声、怒っている表情、言葉をしゃべっていること大人をおちょくる態度に笑ってしまうと同時に
成長していることに感謝しかない。

あたりまえのことがどれほど大切であるかつむぎが教えてくれる。
これからもそうであるようとにかく願うだけである




posted by 合歓木 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月07日

平成30年北海道胆振東部地震、震度7発生。

まだ、台風21号のニュースの悲惨さを伝えている中、我が家のおもわぬところの被害状況で、落ち着かないところに翌日朝起きると北海道の地震ニュースに、えっ!!
また!とあまりに続く自然災害の猛威と被害にどうなってるのこの日本と思わず口に出た。

震源地厚真町近くの地すべりのパノラマ写真がSNSで流されていた。
どこか違う国で風景のドキュメント画像かと思わせた。

大きな地すべりと対象に無残にも押し流された小さな家屋に見える光景は現実離れした不思議な感覚に陥る。まるで箱庭で土砂災害の実験をしているようなパノラマ風景だ。

現実は、その中で肉親を探している人、中には夕べいつものようにお休みと言って就寝に入ったとつぶやかれた人の声が残っている。時間がその時で止まった感覚に陥る…だが自然は何事もなかったように全てを残したまま刻々と過ぎていく。

人間の能力を受け止めることはない。

そう思いながらも、こちらの現実は工場の屋根がめくれているが昨日解り、屋根の上のアンテナが落下した。スクリーン置き場のトタン屋根が全部飛んだ、前回の屋根がまたひどくなったことに戸惑いながら仕事は進んでいく。
7月初めに頼んだ工務店がやっと今月14日から入ってくれるという。見積もりを出してもらってから台風20号、21号と続けてあった被害で修繕は前よりもひどくなってしまっているのだろう。

昨日アンテナを解体して欲しいと主人が言うので解体作業終了。
みごとな解体に我ながら、こういった作業もできる自分の能力に新たな発見。しかし昔のアンテナの巨大なこと そりゃ飛ぶだろうなと思いながらワイヤーハサミととドライバーとねじ回しを両手に解体職人になった。おかげで今日は痺れていた右肩がまたひどくなっている。
工作はやっぱりこういった時に役に立つ。仕組みと解体順番が理解できていたからだ。

大阪のプリント工場の窓が割れ仕事ができない状態になったというので、急遽原染工に1500枚の荷物が入ってきた。
重なるようにツモリとイッセイさんのコラボ商品が急ぎで入った。
エイベックスも1600枚と聞いてる。
来週からまた納期に間に合わせで忙しくなるようす。
ただただ ミスが出ないことを祈るのみ。

この平成時代が阪神淡路巨大地震で始まり北海道胆振東部地震終わろうとしている。
毎年のように大きな自然災害(水害、火山爆発、台風)を残した時代が終わろうとしている。

東京オリンピックで始まる新たな時代は、どんなことが待ち受けているのだろうか。

私の人生の終盤は温かな気持ちで終わりたい。

15日子供達と楽しむことが私の平和である。
娘が帰ってくるという。camonbaby  americanのダンスを披露してくれるつむぎを楽しみにすることにしよう。

                          2018年8月2.JPG 




続きを読む
posted by 合歓木 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月05日

台風21号通過 原染工休業

初めてて怖いと感じた台風が過ぎ去った。

次女が怖がってメールをしてきた。
海外に一人旅やとんでもないことを何食わぬ顔をしてやってきて、いつも驚かされる。
ほとんど何も連絡が無い子なのにこういった時は、メールが入る。
たまのメールで無事に生きていたのだと安心する。
しかし、この台風はよほど怖かったと見えて 前のビルが揺れていたり電信柱が揺れてたり、街路樹が倒れたりとひとりで時間を過ごすには、心細くなったのだろう。

他に頼れる人はいないのかと、いい年頃なのにと愚痴っても仕方がないな。
知り合う人を踏み台にして前を向くタイプだから、相手は翻弄されてしまうのだろう。
相手の意向に沿うような女になれないから仕方ない。
一緒に買い物が嫌い、女女したことが嫌い
そのくせ結婚はしたいとおもうらしい。
う・・・ん  難しいぞ。
また、友達の結婚式の二次会の演出を請け負ったみたいだ・・・・毎年お声がかかってんじやないかな。
本人の結婚式の2次会はいつになるのだろう。

そんな事を思いながら台風21号過ぎ去った。
初めて家が揺れた。地震のような揺れにいささか恐怖さえ感じた。
原染工が台風で休業になったのは、私の知る限りでは初めてだと思う。
久しぶりにミシンに向かった。
形に出来上がることは 達成感があり、気持ちもスッキリ。

そして、絵遊びボランティアの内容も決まり、先方に伝えたので一段落。
ことしはペットボトルのキャップをたくさん集めたのでいろいろな種類のスタンプができた。
あとは子供たちに任せよう。

こうしたいとか、こんなふうにできたらとかそんな大人のイメージは覆されるので、
とにかく 遊べる準備だけしっかりとすること

素材と方法さえ伝えれば 子供たちは想像へと発展して行く。子供の世界は無限大だから。
キャップスタンプと布書きクレヨン塗り絵でマイバックを作ろう。
ハンバーガ塗り絵もいつかやってみたいと思っていたとこだったので挑戦してみよう。

すっかり台風の雨も無くなり 静かな夜。これから季節は変り秋へと進んでいくのだろう。










posted by 合歓木 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月20日

2018年8月お盆

今年は、例年になく休みが長く取れたので、愛知県豊川の親戚のおばさんの初盆に行き、待ってくれていた主人のいとこのお宅と菩提寺へご挨拶へ出向いた。初盆の時だけ地域の人が初盆宅へ高灯篭を作るのだそうだ。とても心温まる習わしを聞き感動した。
山口さんの高灯篭2018年初盆.JPG
相変わらずお元気な慈廣寺の住職、森僧正にお会いし、お位牌堂の義父と義母に手を合わせて帰京した。3年ぶりのお参りができた事を感謝。
帰り際に 僧正より花筏の苗を頂いた。枯らさないように植えなければと緊張している。3月ころに植え替えるのがいいと聞いたのでそうしようとおもう。
2018年8月12日慈廣寺.JPG


孫のカテーテル入院のため10日はくるくるレインボーを持ってお手伝いに行き、カテーテル手術前日、愛知県の帰りに病院へ。
じいじはつむぎに会ってとても嬉しそう。お盆を家で過ごす千博も来てくれた。

お盆の仏前の準備
はなんとか簡略な形ではあるけれども セットすることができ迎え盆と送り盆を無事終えた。
義母が微笑みながら至らない点が多くあることを言っているような気がした。
まあ 許してくださいと言いながら、お膳に義母の嫌いな人参を煮物につけてしまった。
そして、漬物高坪と和え物椀の位置を入れ替えることをしていなかったことに片付ける時に気付いてしまう有様だ。
2018年お盆飾り.jpg  2018年8月お盆飾り1.JPG お膳の向きが反対
今年もお墓参り 千博と3人で済ませた、いずれ元気になったつむぎと5人でお参りができる日を願いながら。

2日伸びた孫の退院17日に迎えに行き、翌日18日はママが熱を出してダウンし、helpの電話でつむぎの世話をしに大阪へ。
いささか 体が悲鳴を上げそうになったというより動かなくなった。
やっと1日最終日の19日ゆっくり休めた。
今年もハードなお盆休みを過ごした。

病院でえ遊びを患者さんが喜んでくださっている声を聞き安心した。また9月に何か楽しい絵遊びをしたいと
思ってキャップボトルの蓋でスタンプ作りに格闘中。上手くいくといいけどな〜。といつもの不安。

そして今日から 原染工の始まり。2018年後半期 たくさんお仕事がありますように。
ピッコーネは引き続きで、小口でツモリ、エベックスがやってきた。
メーカーからの見本作りがずらりと並んだ。

あの酷暑が少し和らいで 涼しいと感じる朝がきた。





posted by 合歓木 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月20日

2018年7月命に関わるほどの酷暑 38度越え5日続く

思わず、このアスファルトの上に卵を割ると目玉焼きが出来るのではないかと思うほどの熱射。
先日の豪雨の後、九州から広島、岡山の水害で死者が200名以上のニュースに驚いたとともに梅雨明けして一気にこの猛暑
で、今度は日射病で死者が出る。
7月だというのに 命の危険がある暑さですと40度超えした地方(多治見)のニュースがながれた。
昨日今日と京都の気温が日本一の高温と言っている。39.8度

原染工も今は見本の時期と重なって、早く仕事を切り上げて職人さんに帰ってもらっている。
体が資本だから、この暑さでは仕事にもならない。
この異常な暑さはいつまで続くのかーーー。


今月のプリザーブドフラワーは思いのほかうまくいった。
2018年7月.jpg

先日の連休に孫と一緒に帰ってきた。
寝ている以外動き回る元気さに感謝。このまま成長して欲しいと願った。
  2018年7月連休帰省の時.JPG アンパンマンに夢中。

8月10日〜15日までカテーテルの入院、そして手術の日が決まる。
お盆は愛知県の親戚の新盆のお参りとでお盆休みを過ごしそうだ。
posted by 合歓木 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月09日

空飛ぶクジラ 感動!

空飛ぶクジラ乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )だね。

DSC_1251.JPG
posted by 合歓木 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年7月小児科病棟絵遊び3回目無事終了。先月の地震に続き日本列島を豪雨災害が襲う。 

6月18日の地震は高槻・枚方の断層地震で震度5、朝の8時過ぎに突然の揺れに
初めてテーブルの下に身を置いた。
2階3階でものが落ちる音に、恐怖感がより強くなった。3階の本棚から思い図鑑が7冊一度に落ちていた。相当揺れたのか電気のカバーが外れかかっていた。工作作業台が倒ていた。
被害は大阪がひどく、特に枚方、高槻あたり地震から数日後大阪に行く途中から見えたブルーシート光景に、阪神淡路の地震を思い出した。娘たちもとて怖かった様子だったが、無事の知らせに安堵した。

そして今回の7月3日から続いた豪雨は梅雨前線が九州から本州に伸び、停滞による洪水の災害の大きい。
死者80名 心肺停止8名 行方不明者80名 日に日に人数が増えていく。 
人間の力は、いつまで経っても自然の猛威には勝てないことを知らしめた。

そんな中、7日ギリギリまで小児科への出向きを迷った。
雨も小康状態で電車も通常ということで出かけた。
今回は家にあるカラーサンドを使って作品を試みることにした。
そして食塩と水彩絵具を混ぜたカラーソルトを作りグラスのコーディーネイトを考えた。
今回は見本を作ったせいか、6人の子供たちがやってきてくれた。
1時間集中した作業は、疲れたたのではないだろうか。

保護者の方も参加してくださった。
あるお母さんが 子供の方がいいのができるわ。「大人は考えるからあかんわ」っておっしゃった。そうなんです子供の感覚的な力は本当にすごいんですとお答えしておいた。

保育の先生が この絵遊びはクオリティーが高いんですよねと言ってくださったことに改めて、関わっていたアトリエの内容が高かったのだと思った。
その中で子供たちはイメージを自由な環境の中で形にしていった。

アトリエを体験した子供が言った『このアトリエはまるで魔法の館』と言ってくれたことを思い出した。
環境は違うかもしれないけれど 少しでも魔法の館を感じてくれたらそれでいいと思っている。

今の私には読み解きも、データもないことが幸せだから。
入院環境の中で気晴らしの時間を提供できたらそれでいいのだから。

部屋に入ってくる子供たちの一声「わあー」と目をキラキラさせる。
いつもの時間と違う風が吹いたと感じると嬉しくなった。それだけでいいのだ。
時々作品を前にしていつの間にか作品を読み解き感じる自分がいる。それは私の中で消化しきれない気持ちであるけれど、もうそれに惑わされないことも必要かと考える。

点で出会うのだから。
DSC_1249.JPG  DSC_1248.JPG  DSC_1246.JPG


そして、この病院の壁画がキーやんのひまわり。
祇園森こうで孔雀の絵に出会ったのがもう7.8年前。ゼストの鯉の絵といい京都の街のビルの壁画といい とても大好きな作家さんである。
それが主人の同級生の中華森こうの奥さんのおじさんと知った時は驚いた。
そして、キーやんのひまわりの描かれている病院に孫がお世話になり
そして、ここで絵遊びを行っていることの不思議。
北野病院壁画.JPG
大好きなキーやんの絵がつむいでくれたのかもしれない。



そして日本中を震撼させたオウム。麻原彰晃と側近7名が6日早朝一斉に死刑になった。


posted by 合歓木 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月17日

小児病棟2回目アートで遊び

梅雨なのに蒸し暑さがなくカラっとした天気を迎えた。
すっきりとした青空とさわやかな風が心地よい朝を迎えた16日、前日までの頭痛が嘘のように体が軽い。昨日まではこの頭痛を抱えて行けるだろうかと心配だった。

前日は、アルプラで買い物した商品を忘れるしで、まったく持って情けなる自分に落ち込むばかり。
体の調子の悪い時はやろうとする3つのことはやめようと何度も思っていたのに、ついつい欲張って出来ると思う自分に返す言葉がない。 悔しいとか腹立たしいとかそれ以上に娘が言った「お母さんボケてんのと違う」という言葉が胸に刺さってその言葉が頭の中で渦を巻く。悲しくなる。

そんな思いを吹き飛ばしてくれた子供たちと一緒に過ごせたことは幸せだった。
お手伝いくださる方がいて本当にありがたいと感謝する。

落書きコーナーを残して頂けてことありがたかった。何か描いてくれるといいなと少しの期待。
いつも公共の場所では、全てに気を遣い少しの冒険にやめてくださいと言われてきた。ちょっと壁に貼らせてもらってもとても厳しかった。言われたら外そうと思って貼ってみたのに受け入れられたことにこの保育の先生だったら子供たちは楽しいだろう。ありがたかった。

点滴が外されてやって来てくれた子は、つくえの上で作業ができたことはとても嬉しかった。

3名の参加者があった。
ちょっと緊張した男の子は大丈夫だっただろうか。
粘土と戯れたことをみて安心した。虹色はとても美しく描かれていた。おじいちゃんおばあちゃんへのメッセージカードは温かな言葉が記された。初めての試みだったので真面目な作品でとても上手。兄弟の真ん中と聞いて納得。そういうお子さんは不思議と長続きしていたなあ。
コツコツと努力型な作業。
粘土を扱う事で少し気持ちの鍵が外されたそんな瞬間に出会った気がした。
粘土で紫を作っていた。感情が動いた 
あるお父さんが「絵の具でも最後は全部混ぜて灰色になってしまって終わりということになる」と言ってにこにこされた私もその経験は多くの子供さんで体験済みだったので思わず嬉しかったので笑ってしまった。
とても子供の気持ちを汲んでらっしゃる言葉に、育メンだなと感心。
だから安心して子供はお父さんの前で積極的に作業が出来るんだと思った。気持ちが許されていることに感謝した。
お子さんはとても色彩豊かな作品だった。ハサミもナイフもあまり教えたがないという、とても器用に扱う3歳児にすごい能力と思った。きっといろんなことに興味を持ち人の動作を観察していることが多いのだろう。
少し我慢してることもあるんだよねきっと。



ケーキ作りに没頭の黄色が好きな女の子は
コーディーネイトがお気に入り。粘土でお母さんと遊べて良かった。
とってもオシャレさんなのかな? 素敵なケーキが出来上がった。
黄色のハートが 甘えたい自分を見てっと言っているような気がした。
ゆらちゃん4歳の作品.JPG

帰りの電車は座れ3つの手荷物を忘れないようにと気を張っていたのに、最後の椥辻でボックスを忘れたことに気づく有様。
すぐまた乗って次の駅でUターン。最後まで気を抜けない性格にまたしょんぼり。

でも今日はいい日だった。

主人も仕事から帰って、いつもとは違う疲れていない女房を見て安心したことだろう。

土曜日ははヒロココシノのデザイナーが来社。
見本作りが始まった様子。
相手の要望に作り上げる技術は高いので完成まで楽しみにしておこう。

先日のコシノヒロコのバックは注文となった。厳しい作業がまた待っている。
BAOBAO2019年の見本も出来たようす。

先日ツモリチサトの海Tが1600枚追加注文
暇な夏場には嬉しい。
スクリーン屋さんからの観光用の製品Tがやってきた。SUMOU・侍 など外国人向けの
デザインTシャツが積み上げられた。可愛らしい相撲の図柄に今の相撲界頑張って欲しいと思う。

北朝鮮とアメリカの対話があり世界史に残る出来事があった。

posted by 合歓木 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月16日

京都風情2018年6月

先日、画箋堂へホップ粘土を取りに行った帰り、久しぶりに三条まで歩いた。画箋堂を出てしばらくするとカフェがちょっと一休みと思って入った。朝早かったので木屋町は四条までとても静かだった。

まるで雑誌に載っているような鴨川沿いにあるカフェで一休み。
ただ残念なことに、香りもない味もない初めて味わうカフェ・オレに残念な気持ちになった。
そうかここは場所代(500円)なのか・・・・
チーフの女性は英語が堪能なのか 外国の人とメニューのことで会話をしていた。
小学校のママ友3人は クラスの子供の仲間はずれの話で盛り上がっていた。自分たちの子供は男の子らしい。
いつになっても、この問題はどんなときでも起こっているんだなとランチのママ友の会話で20数年前の我が子の時を思い出した。
我が子の時もほんとうにいろいろなことがあった。
あったことを並べてもキリがない。なんとか過ごせていまにいたったこと。

お茶の残念な味もあって、写真ぐらいは撮らせてもらって出たけれど、ここは紹介すべきではないと思った。
ランチなら良かったのかもしれないな。

鴨川で鮎釣りをしている人がいた。あまりに川が綺麗になっていたので驚いた。
京都に来て48年が経った。

いつまでたっても住めば都にはならないところである。

今月のプリザーブドフラワーはとても難しかった。
これはワイヤーで創作するには適してないリース台ではないかとおもった。
材料はとてもセンスがいい。楽しかった。
2018年6月リース.JPG
posted by 合歓木 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月13日

2018年6月、紫陽花

今年は、紫陽花が綺麗だと感じる。
毎年何かしらの花にめがとまる。5月のさつき、そして今月は紫陽花。

16日へ向けて 少しづつ整理して準備を進めているが、仕事場から帰ると心身共に疲れが出てしまう。
最近、仕事でのミスが続く、アルチビオTシャツのフッロキーを裁断するのに4等分を3等分で切ってしまった。
なんとか数は揃った。
チョコ色が1枚足らないということで焦ってしまったが、余白で対処できた。ギリギリセーフ。

生地出し。
生地の方向がいつもは捨てる紙に記してあったこと。指示書にしるしてあったことを見落としていた。
しかし仕事場に来て十年近いがこのケースは初めてのこと。
初心忘れるべからずである。
しかし、すべてを加工業に託す業者はもう少し配慮が必要ではないかと思ってみる。
決して焦って出したつもりはないし、多分忙しいさなかでもゆっくり出したとしても
指示書は見落としていたに違いない。
これからは、指示書を隅から隅まで見なくてはならないことを痛感

アート10日の日曜日は16日の小児科絵遊びへの準備。
ケーキ粘土と父の日立体カード見本作り。
久しぶりに扱ったホイップ粘土は以前とは違った気がしたので、やはり新日本造形の粘土を頼んだ
今日画箋堂に届いたらしいので取りに行ってこよう。

つい、昔のアトリエ時の感覚になってしまい、
この作業を提供することが果たして子供の想像力を狭めることに繋がらないかとか
本来の能力を大人の都合に寄り添わそうとしているのではないかとか…
しかし、健常者とは違う環境で同じようにセッティングしてもそれはハンディがあるのではないか。

などなど悩んだ。

まずは点滴をしながらの作業を感じようと手の甲に木片を貼付けて
作業を試みた。
DSC_1172.JPG
私は創作の作業よりも、トイレが一番困った。手を洗うこと然り。
しかし、創作作業中、無意識に手の甲の異物をむしり取りたい感覚に襲われた。
集中、物作りや描くことはできるのだけど何か気持ちに引っかかりが有り自由さはない。
異物を取り外した時の開放感は、計り知れない。体中が気持ちが楽になる。

点滴をしながらやってきてくれる子供たちのすざましいエネルギーは
与えられた環境を受け入れること(または、意に反して受け入れなんければならないこと)から始まっているのだろう。
と考えるとどれほどのストレスを受けているのか。。。
そう考えると胸に詰まるものがある。

限られた60分の間少しでも気分が紛れたら 違う環境に出会えたら少しでもそのストレスはその時だけでも軽減できるかもしれない。
それは微力だ。
親はそれ以上かもしれない。お母さんのお一人はお腹に赤ちゃんがおられた。

作業はコーディネート力を中心に考えた。それが果たしてその微力になれるかわからないが提供してみよう。
そこからはじめてみようと思った。また何か見えてくるだろう。
ハート(トランプ)粘土が人気でケーキ作りを頑張っていたからケーキのトッピング
土台を作るには点滴状態ではた体力と時間がかかってしまうのでトッピング作業を。
ハート(トランプ)クレヨンで描く父の日のカードは保護者と出来ればと考える。
ハート(トランプ)ご自由に落書きその3っ点に絞った。

あとは子供に寄り添うことだけ考えよう。

親御さんは見本があれば世界が広がるだろうから、ひと時の時間で気を紛らわせてもらいたい。

子供はどんな環境でも自由に考えることができる。受け入れているからこそ自由という世界が生まれる
その力を大切に見守りたいと思う。

病院からメールを頂いた。
子供たちが 今度はいつあるのと楽しみにしていると書かれてあった。
その言葉が何より嬉しい。
子供たちは楽しめたのだろうか・・・・という不安は消えた。


posted by 合歓木 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記